在宅ワークに有利なITスキル・資格

在宅ワークに有利なITスキル・資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
在宅ワークをする上でスキルを持っていることが必須のようですが、在宅でできる職種にはどんなものがあって、どんな資格があれば便利なのでしょうか。

在宅ワークをやれる人は、特別な資格や技能をもった一部の才能ある人だけなのでしょうか。在宅ワークを始めるにあたって、誰しもそのあたりの疑問が頭をよぎるかもしれません。では、実際はどうなのかを検証してみることにしましょう。

在宅ワークの種類

在宅でできる仕事には、SE(システムエンジニア)プログラマーCADオペレーター翻訳ライターイラストレーターデザイナーテープおこし校正データ入力などがあります。

どれも専門的でパソコンを使ったものであることが特徴です。これらの仕事は、ネット環境があれば、どこでも仕事がすることが可能といえましょう。また、自分の持つ高い専門を売りにしてフリーランスで働く人が多いという点が特徴です。

在宅ワークに必要なスキル

クリエイティブ系なら…

デザイナー、イラストレーターなどのクリエイティブ系の仕事なら、個人的な趣味からでも出発できます。

フォトショップ(Photoshop)やイラストレーター(Illustrator)のスキルがつけば、割と簡単に作品が作れるようになります。徐々にスキルをつけて地道に実績を積んでいけば、いつか会社と契約して在宅ワークができるようになれるかもしれません。

とりあえずフリーランスサイトでいくつか仕事をこなしていけば、デザイナーの肩書を名乗ることができます。

語学系なら…

翻訳をするのであれば、語学のスキルが要求されることはいうまでもありません。
帰国子女や、留学経験のある人などには、特にメリットがある職業です。

ライティング系なら…

ライティングの仕事は、文章を組み立てて書き表すことができる人なら、特にスキルはなくても大丈夫です。

すぐにでも始められるのが強みであり、フリーランスの在宅仕事でそれなりの収入を得ることも出来ます。

IT系なら…

プログラマー、SEなどのIT系の仕事は、残念ながら、それほど短期間で簡単にスキルが身につくというものではありません。やはり、この種類の仕事は、もともとその業界で働いていた人に有利であることは間違いありません。

在宅ワークに有利な資格

クリエイティブ系の資格

デザイン系の資格として、「ウェブクリエイター能力認定試験」というものがあります。
サーティファイWeb利用技術認定委員会主催で、委員会事務局が定めた日程(年間1-3回)で実施されます。この試験は、Webサイト制作のデザイン能力や、webページのコーディング能力を評価します。

まずはウェブ作成の基本的な技術を習得し、より高度な能力をいかすことができるようになりましょう。この資格は、デザイン系の在宅ワークで非常に有効な資格です。他に、「Photoshop®クリエイター能力認定試験」という、画像編集ソフトPhotoshopの技術を評価する資格試験があります。Photoshopの技術という強みがあれば、在宅ワークの仕事の引き合いが次々にくることでしょう。

語学系の資格

翻訳業をするならば、まずTOEICのスコアで700点が目安となるでしょう。あるいは、翻訳能力を習得したい人、職業にしたい人向けの、「JTFほんやく検定」があります。

IT社会で非常に需要が高いとされる、高レベルの翻訳スペシャリストの資格で、「JTA公認翻訳専門職資格試験」というものがあります。

翻訳のスピードやITの基礎知識はもちろん、インターネットを利用して翻訳するスキルが必要とされる資格です。

IT系の資格

IT関連の資格には、ソフトウェア開発の実務のベースとなる、「基本情報技術者試験(FE:Fundamental Information Technology Engineer Examination)」があります。

さらに、そのワンランク上に、「システム作成の知識や技能を持つ応用情報技術者紙面(AP:Applied Information Technology Engineer Examination)」があります。

また、ネットワーク構築のスペシャリストには、「ネットスペシャリスト」、データ管理のスペシャリストには、「データベーススペシャリスト」という資格があります。

在宅ワークのポイント

在宅ワークで職を得るには、まず、その専門的な知識と実力があれば、とても有利であるといえます。
在宅ワークに必須なスキルの中には、あまり一般的ではないものがあり、それを持っていることは重要なポイントにはなるのですが、基本的には、やはり社会常識とPCの知識、一般的なビジネスの常識を持っていることが重要でしょう。

さらにもう一つ大切なのは、コミュニケーション能力が高いことでしょう。顔が見えない相手と仕事をするので、メールやチャットのコミュニケーションには特に注意を払うようにします。できるだけ、相手側に誤解を招かないような文章でやりとりするように心がけ、業務を円滑に進められるように努めることです。

高いIT系スキルは、在宅ワークにおいて非常に役立つものですが、先に言ったように、このスキルは、わずかな時間で簡単に身につくものではないのです。ただし、コツコツと勉強を続けていけば、たとえその業界でキャリアを積んだことがなくても、いつか必ずチャンスはくるはずです。地道にやっていきましょう。

ライティングの仕事をするなら、まず、それなりの報酬が期待できる複数のクライアントと契約を交わすことがポイントです。一社の契約のみに仕事を絞って継続していこうとすると、そのうち限界がきてしまうかもしれません。

複数のクライアントと契約をしながら、それぞれのサイトで違ったジャンルの記事を執筆していけば、ネタ切れすることもなく、長期にわたって書いていくことが可能でしょう。

これで、突然、仕事が無くなってしまうというリスクも減少します。
さらに、納品日をずらして仕事をすることができれば、収入の面でも安定した生活を期待することができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加