在宅・テレワーク・リモートワーク…いろいろな働き方の違いって?

在宅・テレワーク・リモートワーク…いろいろな働き方の違いって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

在宅、テレワーク、リモートワークなどいろいろな働き方があるけど、実際はどう違うんだろう?

IT技術の発達によって、様々な働き方が実現できる時代になりました。
ですが、実際に在宅、テレワーク、リモートワークで働いている人がまだまだ少ないのが現状となっています。
そのため、働き方の違いについて把握できていない方も多いはず。

そこで今回は、在宅、テレワーク、サテライトオフィスなど、色々な働き方の違いについてご紹介します。

  • 時間や場所の制約を受けずに柔軟に働けるテレワーク
  • 家にいながら仕事を請け負える在宅ワーク
  • 通勤時間を減らしながら働くことができるリモートワーク
  • 賃料の低い地方で固定費を抑えることができるサテライトオフィス
  • 自分の気に入った場所が職場になるノマド
  • 企業や団体に所属せずに独立しているフリーランス

時間や場所の制約を受けずに柔軟に働けるテレワーク

テレワークは、情報通信技術を活用し、働く人が場所や時間にとらわれない働き方です。

働く場所によって呼び名が変わり、自宅でテレワークを行う場合は在宅ワーク(リモートワーク)、移動中などに情報通信技術を使って業務を行うモバイルワーク、サテライトオフィス勤務など施設を利用して行うテレワークの3つになります。

テレワークの実現によって、これまで人々が一つの場所に集まって働かなければならなかった環境が、離れた場所にいても働くことができるようになりました。

1.家にいながら仕事を請け負える在宅ワーク

在宅ワークとは、パソコンなどの情報機器を使い、在宅で仕事を請け負って働くことです。在宅ワークと似たような働き方で、内職が挙げられます。内職は、製造業者などから支給された原材料を加工して納品します。

一方で在宅ワークは、データ入力やイラスト、ホームページ制作、ライティングなどの業務になります。

在宅ワークであれば、作業量も調整できるため、育児や家事の空いた時間で働きたい主婦の方や、フルタイムでがっつり働きたい方まで様々です。

2.通勤時間を減らしながら働くことができるリモートワーク

リモートワークは、勤務している会社のオフィスではなく、自宅など会社から離れた場所で働く働き方です。

在宅ワークは、フリーで働いている方や主婦の方の働き方で、リモートワークは会社に勤めながら働いている方の働き方のことを一般的には指します。

3.賃料の低い地方で固定費を抑えることができるサテライトオフィス

サテライトオフィスは、企業の本社や官公庁、団体の本部から離れた場所に設置されているオフィスのことになります。
惑星の周囲を回る衛星であるサテライトから言葉を取って、本拠地での業務が行える小規模のオフィスです。

サテライトオフィスは、都市部と比べて賃料の低い地方でオフィスを構えることができるため、オフィスの固定費を低く抑えることができます。

サテライトオフィスを誘致することに成功した地域が、徳島県です。
徳島県は光ファイバー網の整備が進められており、地方でもサテライトオフィスを設立しやすい地域でした。過疎地域で空き家が多く、賃料も安くなっています。地域活性化の取り組みとしてサテライトオフィスの整備が進み、空き家の活用や地域の活性化に繋がっています。

自分の気に入った場所が職場になるノマド

ノマドとは、英語で遊牧民という意味の言葉です。
遊牧民のように、パソコンやスマートフォンを活用し、オフィスだけでなく、カフェや様々な場所など、日々の仕事を決まったところでおこわないワークスタイルをノマドと言います。テレワークの中のモバイルワークに近い働き方がノマドの働き方になります。

ノマドは場所に関係なく働くことができる職種が向いており、ライターやプログラマー、デザイナーなどが挙げられます。

ノマドの最大のメリットは、自分が好きな場所で好きな時間に働くことができることです。インターネット環境さえあれば、気に入った場所が職場になります。

そのため、ノマドとして副業を行う方が多く、空いた時間や休みの日にカフェで作業する会社員の方も増えています。

デメリットとしては、自己管理能力が求められることです。
企業に属している場合であれば、上司や同僚と共に働くため、アドバイスや助言をもらうことができますが、ノマドの場合、すべてを自分で管理する必要があります。

企業や団体に所属せずに独立しているフリーランス

フリーランスは、企業や団体、組織に専従せず、独立している個人事業主のことで、フリーランサーとも呼ばれています。
フリーランスと一言で言っても、職種はとても幅広いです。

  • ブログを書くブロガー
  • 文章を書くライター
  • webメディアの編集や本の編集を行う編集者
  • サイト制作などを行うプログラマー
  • イラストなどを描くデザイナー
  • 番組の企画、原稿作成などの放送作家

などなど、多くの職種が存在します。自分の強みを活かして働いている人が多く、自分で仕事を作っていきたい人に向いている働き方になります。

IT技術の発達によって様々な働き方を実現

今回の記事では、在宅、テレワーク、リモートワークなどいろいろな働き方の違いについてご紹介しました。

  • 時間や場所の制約を受けずに柔軟に働けるテレワーク
  • 家にいながら仕事を請け負える在宅ワーク
  • 通勤時間を減らしながら働くことができるリモートワーク
  • 賃料の低い地方で固定費を抑えることができるサテライトオフィス
  • 自分の気に入った場所が職場になるノマド
  • 企業や団体に所属せずに独立しているフリーランス

様々な働き方をご紹介しましたが、働き方はあくまで方法論なので、あなたがどのように生きていきたいかをはっきりとさせることが大切です。様々な生き方をしている人と出会うことで、自分のやりたいことが見つかるかもしれません。
実現したいライフスタイルに合わせた働き方を実践しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加