働きやすい環境を支えるソリューションのいま

働きやすい環境を支えるソリューションのいま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

働きやすい環境を整えるためのソリューションについて知りたい

ITの技術が日々進化し、働き方も多種多様になっています。
働きやすい環境を作るために、ITのソリューションのいまを知りたい方も多いはず。

ITソリューションを知るだけでなく、実際に活用している事例を知って、自社に取り入れていくことが大切です。
そこで今回の記事では、ITソリューションを活用している事例をご紹介していきます。

  • メール・電話・会議に代わる新たなコミュニケーションツール chatwork(チャットワーク)
  • Facebookが開発したビシネズ用SNS Workplace(ワークプレイス)
  • いつでもどこでもノートを記録し整理する Evernote(エバーノート)
  • メモを同時に編集ができる Docbase(ドッグベース)
  • リモートワークを実現するバーチャルオフィス Remotty(リモティー)

メール・電話・会議に代わる新たなコミュニケーションツール chatwork(チャットワーク)

chatwork(チャットワーク)は、メール・電話・会議に代わる新たなコミュニケーションツールです。

メールは1対1のコミュニケーションには有効なツールですが、大きなプロジェクトで関係者が増えていくと、メールを追っていくことが困難になっていきます。チャットワークであれば、「プロジェクト」・「部署」・「社内での情報共有」など、それぞれでグループチャットを作成することができ、関係しているメンバーに対して情報を共有することができます。

画像ファイルやエクセルなども共有でき、メンバーはいつでもクラウドからダウンロード可能です。実際に活用している事例としては、仕事や部署ごとにグループチャットを作成し、関わるメンバーで情報共有を行っています。社内メンバーだけでなく、お客さんも入っているグループもあります。

Facebookが開発したビシネズ用SNS Workplace(ワークプレイス)

Workplace(ワークプレイス)は、SNSで有名なFacebook(フェイスブック)が開発したビジネス向けSNSです。Facebookの仕様を活用し、ビジネス向けに様々な機能が追加されています。

Facebookに馴染みのある方も多く、企業に導入した際にスムーズに使うことができるメリットがあります。
また、Facebookの友達リクエストなどの機能はなく、最初から社内メンバーと交流が可能となっています。

実際に活用している事例としては、意思決定がスムーズに進むようになった事例があります。
Facebookの「いいね」機能を活用し、共有事項に対して「いいね」で確認や承認を示すことができるようになりました。このことで、これまでメールでの返信や直接での確認が不要となり、意思決定がスムーズに行えるようになりました。

いつでもどこでもノートを記録し整理する Evernote(エバーノート)

Evernote(エバーノート)は、スマホやパソコンを使えば、どこからでもノートを記録し、整理し、共有することができます。
ビジネスで必要な大量な情報を整理でき、必要な時にすぐに取り出すことができる便利なツールです。

実際に活用している事例としては、社内のマニュアルをエバーノートに記録し、スタッフと共有している事例があります。

マニュアルを簡単にすぐ共有することができ、仕事で一定の成果を出すことが可能になりました。また、ノートそれぞれに編集、閲覧の権限を振ることができるため、役職についているスタッフのみ見ることができる、などの管理ができます。

また、名刺を写真に写して共有できたり、優れたスタッフの考えや行動をノートに残していくことで、個人でためていたノウハウを会社のノウハウとして見える化ができます。

メモを同時に編集ができる Docbase(ドッグベース)

Docbase(ドッグベース)は、必要なメンバーで情報を共有することができるサービスです。同時編集機能は、1つのメモを複数人で同時に編集を行うことができます。

実際に活用している事例としては、メンバーで共有しておきたいメモなどが投稿され、チームで情報を共有しています。検索ボックスの検索が詳細に行えるため、重宝されています。

また、ドッグベースはドキュメントの事を「メモ」と呼んでいるため、他のサービスと比べて気軽に書ける雰囲気になっています。

リモートワークを実現するバーチャルオフィス Remotty(リモティー)

Remotty(リモティー)は、リモートワークに特化したバーチャルオフィスです。リモティーにログインすることで、パソコンのWEBカメラが一定時間毎に撮影し続けてメンバーの顔を表示します。

そのことで、どのメンバーがいるのかを把握することができます。実際に活用している事例では、リモティーを導入してリモートワークを実践したことで、メンバーの通勤時間を減らすことができました。

リモティーを導入する前に行っていたリモートワークでは、メールやラインでのコミュニケーションの量が増え、マネージャークラスの負担が大きくなっていました。またリモートワークの「相手が今何をしているかわからない」という課題も抱えていましたが、リモティーを導入することで、WEBカメラで今何をしているかを把握することができました。
メンバーそれぞれに部屋があり、そこに入室することで直接話をすることができる機能もあります。

ITのソリューションを活用し、働きやすい環境を実現

今回の記事では、ITソリューションを活用している事例をご紹介しました。

  • メール・電話・会議に代わる新たなコミュニケーションツール chatwork(チャットワーク)
  • Facebookが開発したビシネズ用SNS Workplace(ワークプレイス)
  • いつでもどこでもノートを記録し整理する Evernote(エバーノート)
  • メモを同時に編集ができる Docbase(ドッグベース)
  • リモートワークを実現するバーチャルオフィス Remotty(リモティー)

働きやすい環境を実現するソリューションは数多く提供されています。
自社に導入してみて、実際に使ってみることで見えてくることも多いので、今回ご紹介したソリューションをぜひ活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加